ここだけ気を付けて揉めないクラスTシャツ作りのポイント

学校行事の文化祭や体育祭などでクラスTシャツを作る事を検討されている学校やクラスの方は作成する際に気を付けたいポイントがありますので注意して作成してください。クラスTシャツを作る時に真っ先に考えるのがデザインです。クラス全員が知っているようなアーティストの曲名や歌詞、漫画やアニメのキャラクターなどを使用したいと考える事もありますが、このようなアーティスト、作家などが絡んでくるものには著作権がある為、無断で使用する事ができません。また、Tシャツのプリント業者も例に及ばす著作権を侵害しそうなデザインでは使用許可の証明を提出しない限り注文を受けてもらえません。著作権が関わってくるデザインを使用したい場合は、必ず先方の許可を取り、正当なデザインとして使用したTシャツを作成する事をオススメします。

様々なデザインのクラスTシャツについて

著作権を必要としないデザインで思い出も含めたクラスTシャツとして個別の名前や番号を印刷したデザインのユニフォーム風のクラスTシャツなどがオススメです。野球やサッカーなどのユニフォームのようなデザインでバックプリントに名前と番号を入れるものです。番号も出席番号で、表側に全員共通のクラスロゴマークを入れれば一人一人違うデザインのオシャレなクラスTシャツを作る事ができます。クラスTシャツのイメージは全員同じ柄が多く、シルクスクリーン印刷方法となり枚数を多く注文する必要があります。今回ご紹介のユニフォーム風ですと一枚一枚名前と番号が違う為、一枚からでも低コストでプリントが可能なカッティング圧着やインクジェット印刷という印刷方法が使われます。プリント依頼をしたい業者に問い合わせや、ネットで調べてから注文する事が大切です。

質にもこだわりたいクラスTシャツを作るには

いくらクラスTシャツとは言え、文化祭など準備の段階から作業用として着る場合、何度も洗濯をする事となる為数回洗濯をしてへたってしまうことや、色落ちや色移りがあるようなものを作るわけにはいきません。そんな時重要となるのが業者選びです。プリント業者もインターネットで調べると様々な業者があり、どの業者にしようか悩んでしまうかと思いますが、選ぶ際のポイントをご紹介します。まずプリントの種類の多い業者を選びます。デザインによってプリント方法を変えた方が安く仕上がる事もあるので、様々なプリント方法のある業者がオススメです。一枚からでも注文できるインクジェットプリントなどは数枚からでも丁寧な対応をしてくれる業者がオススメです。様々な業者の中にはプリント前にサンプルTシャツを送ってくれる場合もあります。事前にデザインの確認が出来るのでオススメです。