皆の思い出もインスタ映えも叶うクラスTシャツ作りのコツ

文化祭や運動会、様々なシーンで活躍するのがクラスTシャツです。昔と比べ、価格もそれほど高くないので、気軽にクラスTシャツを作成する学生も多いようです。近年ではシンプルなデザインをはじめ、インスタ映えするものや、クラスの思い出を詰め込んだものなど、色々なアイデアがちりばめられたものが作られています。特に人気なのはインスタ映えするクラスTシャツです。お勧めなのが、後ろに名前とナンバーを入れたサッカーユニフォームの様なデザインです。クラスがチームとして一丸となるイベントにはぴったりです。また今流行っているのはブランドのロゴを似せたデザインです。スポーツブランドやアパレルブランドのロゴに似せた物を取り入れる事で、イベントのみならず、普段でも着る事ができます。その他、裾を切ってフリンジを作ったり個々にアレンジするスタイルは女子に人気です。

どんなクラスTシャツを作るのか、方向性を決めるには

クラスTシャツを作る際に、他のクラスとデザインがかぶってしまっては台無しです。そこでどのクラスともデザインがかぶらないように、唯一無二のクラスTを作成したいという方にお勧めなのは、クラス全員分の名前をプリントしたものです。その時のクラスのメンバーを刻む事で、ずっと思い出に残るクラスTシャツになるでしょう。また、思い出の写真をプリントするのもいいでしょう。その時の流行を取り入れたクラスTシャツはもちろん、インスタ映えして素敵です。しかしクラスのメンバーの名前やそのクラスでの写真を入れた物であれば、何年何十年経って見返した時に懐かしさを感じる事ができます。クラスTシャツを作成する際に、おしゃれ優先で作成するか、思い出優先で作成するか、みんなで話し合う最初の軸選びとなるのではないでしょうか。

クラスTシャツの注文はとっても簡単

昔はデザインを手書きしたりパソコンでデザインし、そこからTシャツ製作会社に依頼したりと、手間とコストがかかっていました。最近ではスマホからの注文もできたり、また、デザインに悩んでなかなか決められないという方には、数多くのテンプレートから選べるところもあります。また驚きなのが、通常なら注文から配送まで1週間以上かかりそうなものですが、数営業日で配送してもらえるところもあり、かなり便利になっています。運動会や文化祭で使うクラスTシャツのみならず、部活やサークルなどでもその需要は高まっています。クラスTシャツはもちろん、近年では長袖のパーカーやポロシャツなどと種類も多岐に渡っており、そのクラス唯一無二の物が作成できます。10代でのスマホやインスタの普及率が上昇している今、益々おしゃれで目を引くクラスTシャツが流行していくのではないでしょうか。